Just another WordPress site

資本金についての知識

資本金1円からでも株式会社設立できる

資本金についての知識個人事業主から法人化したい方、資本金1円からでも株式会社設立できるようになりました。手軽な資本金で自分の会社をスタートできますが、株式会社設立には定款の認証料、定款に貼る収入印紙代、定款の謄本の取得料、登録免許税、会社の印鑑代、役所までの交通費など、さまざまな実費費用が掛かります。会社のスタート時には痛い出費となりますので、出来るだけ節約して株式会社設立したいときには、定款電子認証に対応していて印紙税40,000円が不要の株式会社設立代行サービスをご利用されると良いでしょう。書類の作成も手続きもすべてお任せできるので、
費用だけじゃなくも時間も節約することが出ます。節約できた時間を本業に集中して利益を上げれば、事務所に報酬をお支払いしても軽減するどころかプラスにもなるかもしれません。親切・丁寧・迅速な対応で確実に会社をスタートできます。まずはしっかりとお話をお伺いし、わかりやすいご説明を心がけています。納得されるまでなんでも相談してみてください。

株式会社設立の費用資金

株式会社設立をするためには費用資金が必要となりますが、実際にはどれくらいが必要となるのでしょうか。まず、定款に関するものが必要となります。定款の認証をしてもらうためには、まず印紙が4万円必要です。そして認証費用として5万円が必要となります。そして、登録免許税として最低で15万円かかります。その他、手数料などもかかりますし、業者を利用したときには料金も支払わなければなりませんから、全体として30万円くらいは用意しておくのが良いでしょう。
会社法が改正されたことによって資本金の制限がなくなりましたから、資本金が1円で株式会社設立をすることもできます。ただ、資本金が1円の会社というとあまりにも非常識ですから、取引を行ってくれないこともあります。実際には、株式会社設立のときには300万円くらいの資本金を準備する企業が多いようです。資本金は、経営が軌道に乗るまでの費用と初期費用とを合計した金額くらいは必要でしょう。