Just another WordPress site

株式会社設立について知る

株式会社設立時の法務局での調査

株式会社設立は、新会社法が施行された事で、従来よりも会社を作りやすくなったと言われています。その理由の1つに、重複商号の調査と言う作業が不要になった事があげられます。重複商号の調査と言うのは、従来の株式会社設立において重要な調査であり、株式会社設立を行う本店の住所が管轄となる法務局に出向いて、そこで会社の商号と事業目的の重複を確認していく事です。
同じ管轄の中で、同一の商号もしくは事業目的の会社があってはならないと言うもので、仮に同一の商号の会社が存在している場合は、そのままの商号では登記が出来ないのです。そのため、重複しているか否かを調査してから定款を作成して認証を得る必要があったのです。
しかしながら、同一の会社の商号や同じ事業目的の会社が同一の管轄の中にあると、相手の会社にとって良いモのではありません。
そのため、同一商号などの調査は、義務としては有りませんが、重複していないことを確認しておく事は大切な事でもあるのです。

会社設立の際の財務諸表について

会社設立の際に財務諸表が大切になります。これは、経理や経営感覚を問われるからです。会社設立をお考えの方で、詳しいことを知りたい、もっとコンサルティングなどを受けたいという方にお勧めなのが、会計事務所や税理士事務所に相談をするという方法です。
特に、会社設立の費用も、自分で行うよりも、プロに依頼をした方が安くで済むことが多いのが特徴です。実際の財務状況を報告するために必要なのが、財務諸表になります。特に、財務諸表を造る作業を怠っては行けません。
会計代行業務を行ってくれる会社もありますので、お急ぎの方は、インターネットやオンラインから探すと早いことが多いです。
自分でやっても良いのですが、手が足りないという方、他にも仕事があるという方には、こうした方法がお勧めです。
知り合いとか居なくて困っているという方も、インターネットを活用することで、会計事務所や税理士事務所で会社設立を応援しているところを探すことができます。