Just another WordPress site

資本金の払込みについて

株式会社設立と資本金の払込みについて

資本金の払込みについて株式会社設立を行う場合などでは、資本金の払込みと言うものは、登記前に済ませておく事が必要となります。これは会社法が施行される以前も、登記前に行う事が必要となっていました。しかし、現在と以前では大きく異なる点が1つあるのです。
従来の株式会社設立を行い、会社を登記するときには、資本金の払込み保管証明書と言うものが必要だったのです。保管証明書と言うのは、銀行に払い込みを行った証明書を請求する事で得る事が可能になる書類です。しかしながら、新会社法が施行されてからは、この保管証明書と言うものが不要であり、通帳に記帳されているものをコピーする事で事足りる事になったのです。
そのため、資本金を振り込んで、通帳を記帳してあげれば、その証明になると言うことになるのです。これは株式会社設立などにおける手間は省けると言うメリットでもあるのです
また、従来は株式会社設立を行う場合は、最低でも1000万円と言う費用が必要でしたが、現在では1円から可能になっているという特徴もあるのです。